三年目のアイスティー

 

最後に出してくれたアイスティーに、

ベイビー、あんたが付けたシュガーと

ありがとうとサヨナラを使わなかったから、

あの時残したアイスティーが今でもどこかに引っ掛かってる。

 

どっかの世界線じゃあ今でも二人が一緒にいて、

アイスティーに何にも混ぜなくても満足してんだろうな。

 

あんたが居なくなってどこにあるかも分からなかったし、

あれから事故物件みたいに忌み嫌って、

何年も避けていたアイスティー

 

あんなに毎日飲んでいたのに、薄情なのか厚情なのか、

アイスティーともお別れしたんだ。

 

新しい出会いや浮かれ騒ぐようなパーティーに馴染んで、

あんたのことも何にも考えなくなった頃、

いい冗談か悪い冗談か分からないけど、

二人のアイスティーが当たり前に棚から出てきやがった。

 

ベイビー、俺は未練がましい野郎だけど、

今じゃあんたの幸せを祈っているし、

二人がサヨナラしたのは正解でも不正解でもないけど、

悪いことじゃなかったって、受け入れてもいるから、

これを最後にってアイスティーを作ったんだ。

 

あぁ、あんたはこんな風に、

今、目の前に見ている悲しい過去と、

今は見えていない明るい未来を考え、

アイスティーの波紋に浮かぶ楽しかった思い出を噛み締めては、

一口ずつちゃんと飲み干したんだ。

 

あぁ、そうか。

あの日のアイスティーはこんな味がしたんだな。